おいちゃん釣り日記

oichango.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 29日

再度 岩内へ

先週、あれほど釣りまくったのにチィの「当然!岩内」
今週も当然釣れると思ってシャクリを4本も買い込み出発。
20時、雷電温泉到着
義経が雷電峠で一休みの為岩をひねって刀を置いた?
雷電岬で釣りをするのに岩をひねって刀を置いた?
本当は海底火山が噴出、その後侵食され出来た海岸。
露天風呂からの暗闇の刀掛岩
f0065586_19253523.jpg

タダ風呂入り、100円拾いゴキゲンなチィでした。
朝4時、徳さんもすでに到着準備完了
今日はいつもの夫婦船、そして「エサ忘れた!紅イカないかい?」
「‥ ‥ オレも忘れたでぇ~」    
エサを忘れるなんて情け無い、イカかホッケ釣ってからやるか
気を取り戻して元気に河口出航
f0065586_19381558.jpg

当然、先週と同じ所に行くと思うでしょう。
そう思っているのはチィだけ、今日は135mで開始
40~60cmのポンスケが多い、それより先週に比べ海水温度が高い
二人仲良くやってます
f0065586_19551526.jpg

潮通しのいい180~135mに移動
正解でした、チィまずまずのタラ
f0065586_19464665.jpg

オレ、今日はジグで勝負
f0065586_19504415.jpg

チィ「ヌーブラ釣れたでぇ~」 ハイハイに似合ってますよ。

f0065586_19522575.jpg

雷電岬
f0065586_2013156.jpg

来た!良い感じ 本日唯一のメーターオーバー
f0065586_2044964.jpg

チィ デカイの来たぞ~~~~~~~
f0065586_2062529.jpg

尻尾じゃ引くわな、ご苦労さんでした
これならいいッス
f0065586_2010164.jpg

釣れなくなってきたので浅めでヤナギ探し
こりゃヤナギの反応だべ、投下
f0065586_2013154.jpg

4目釣り
f0065586_20141319.jpg

出遅れて
f0065586_2015953.jpg

13時過ぎ、徳さん「疲れたから上がるゎ~」
了解ょ、オレらも上がるか~?
「チョッと、深場でイカを試してみるか?」
80m位から探ってみてよ
チィ 50mで付いた!イカいるんでない?
60m以上下げないで釣れる、がんばるぞ~!
f0065586_20242055.jpg

オレは密かに85mから始める
1時間ほどやって回りを見ると船は‥
また、だれも居なくなってしまった。
15時 沖上がり  帰るべ
f0065586_20344652.jpg

当然 残っているのはオレのトレーラーのみ
いつもながら、学習能力のない船です。
19時過ぎ 無事帰宅でした。
釣果
タラ   15
ヤナギ 18
ソウハチ 2
ホッケ  12
イカ   47
f0065586_20413275.jpg

f0065586_2042252.jpg

f0065586_20423052.jpg

イカ 荷崩れしてしまいました。
[PR]

by oichangokigen | 2008-06-29 21:01 | 岩内
2008年 06月 24日

わが家の残りはこれだけ?

f0065586_13461056.jpg


ホッケとソウハチ美味そうになってきました。

今晩、焼いて味見だね。

オレのホッケは(自分のだけ)焼く時、味醂、醤油を混ぜてハケで塗りながら焼きます。

あと、タラは料理前に水抜き(匂いも取れる)

f0065586_1354652.jpg


これはフライ用(1kg)に皮をひき塩を20g塗ったくり、15分後水分出てるのわかるかな?

これを、料理して揚げる、水っぽさなくフックリんこ

食い比べてみればわかるはず(お奨めです)

ヤナギの刺し身

f0065586_14164848.jpg

[PR]

by oichangokigen | 2008-06-24 14:04 | 山海の珍味 海篇
2008年 06月 22日

二日酔い‥

20時過ぎ尻別川河口目指し出発
今晩の酒の肴と明日の食料をいつもの所で調達
f0065586_1536548.jpg

河口に着いたが30m手前左折~30m右折 ? ?
暗くてよくわからんので徳さんが来るまで道の駅「シェルプラザ」で宴会
貝殻で作ったヒラメなんだべか?
f0065586_15491924.jpg

ヨッパライ二人夜中に墓を発見!
オバケは出るわ、大騒ぎして1時過ぎ?気絶 zzz zzz 
3時半に起きて目を覚ますと川の前、記憶無し‥
(写真は暫くボケボケです)
f0065586_15573018.jpg

徳さんも準備完了
f0065586_161414.jpg

やっぱり、川は嫌だね、5~3~2.7mをどうにかクリアして沖へ
徳さんは朝一はヒラメ狙うと別れ、まずは雷電沖へ
ここは通い慣れた場所、まずは128mで開始
f0065586_1684090.jpg

kanちゃん・チィはイカから始めるらしい
オレはタラ釣り、ジグと仕掛けを二本出し
50~60cmのタラ、ヤナギも付き出足好調
f0065586_16182518.jpg

産卵真近のヤナギ(放流しても下には戻れないのでキープ)
f0065586_16211998.jpg

ゴン! 来たぞ、これはまともなタラだ
「お~ぃタモ!」 (オレの前にホイ)
「カメラ写してくれ~(死んだふり?)
仕方ないので一人で撮影です(80cm位かな)
f0065586_16303837.jpg

よ~し!取り込むよ
「‥ ‥」 バレた。周りを見るも浮いてない残念
チィは我慢出来ずシャクリ開始
kanちゃん、今日は我慢してイカに専念!(いつまで持つやら?)
チィのヤナギ
f0065586_16394218.jpg

オレのタラとホッケダブル
f0065586_16405776.jpg

産卵中のヤナギを引っ掛けてきたぞ
f0065586_16423970.jpg

あ~ぁ ついに我慢出来ず、シャクリ出してました
kanちゃん「食った!デカイぞ! 多分?」
剣崎120マススペはタラには可哀想だよ
f0065586_165057.jpg

出ました!メーターオーバー
満面の喜び、これでスランプ脱出か(ゴメン ボケ写真)
f0065586_16535379.jpg

オレも負けずに
f0065586_16545046.jpg

その頃lチィは根かがりさせてシャクリを海底にプレゼント
一人ショボくれ胴付き仕掛けで奮闘するも、今日はシャクリには勝てない
「オレの使っていいぞ」
「そっかい♪♪」
「タコイカリもいいかな?」
勝手にオレの箱から引っ張り出し戦闘開始
チィ‥   重いわ!
残り5m 船底を覗くと 「いねぇ~ぞ?」
ラインがかいこんで見えなかった。
出ました!今シーズン最大タラ
f0065586_17131410.jpg

1m10cm13kg位 自分の上げたタラに見惚れ一言「I.am KING」
オレもメーターオーバー上げるもとどかず「クソッ!」
もう一回、上って流すべこのラインはデカぃのいるぞ!
「グン!グン!来たぞ」この竿が水面まで刺さり込むの久しぶりだ
f0065586_19524016.jpg

チィのタラと並べると「勝った!」
1m15cm15kgはあるかな(カメラマン へたっぴだな)

徳さん来た時はお祭り終了
f0065586_1743405.jpg

この頃にはもう入れ物が無くなり船上解体が始まる
f0065586_17454653.jpg

これでまだ入るべ
f0065586_1747135.jpg

オレのタラ(この他に40~50cm8本)
船のイケスも満タン
f0065586_17485846.jpg

もう入らないぞ、ヤメッか。
徳さんから電話で40cmのソウハチ釣れてるよ~
平たいものなら少しは入るんじゃないかい?
横澗沖118m 行くぞ!
f0065586_17543195.jpg

10分ほどで合流、120m辺りから流してみたらいいとのこと
よ~しソウハチ来いよ!
チィ 食ったよ 上がってきたのは60cmのタラ
タラは禁止だ、魚探にホッケの反応
ホッケならl発砲スチロールに入るので目指せ30匹
グングン! あぁ~タラ食った、タラはチィにホッケと1体1トレード
20分程で終了 目指せ尻別川河口
f0065586_1863230.jpg

川の斜路はなかなかでした、ポールを可変式にすればいいのかな
f0065586_1892228.jpg

釣果
タラ いっぱい
その他 ヤナギ.ソウハチ.オオバ.ホッケ
f0065586_18151664.jpg

きょうも一日、泣かないで遊んで来ました。
帰ってからのサカナの始末大変だろうね。
f0065586_18145171.jpg

[PR]

by oichangokigen | 2008-06-22 22:29 | 岩内
2008年 06月 21日

明日は

尻別川河口から初出航

横澗沖~寿都沖を開拓予定

とりあえずタラ本命!

願わくば八本足・十本足も‥
[PR]

by oichangokigen | 2008-06-21 19:14 | 岩内
2008年 06月 19日

初雪?

一面 真っ白です。
f0065586_14494136.jpg


f0065586_14501259.jpg

[PR]

by oichangokigen | 2008-06-19 14:52 | 探索
2008年 06月 16日

やっと来た!

遅れていたイカが積丹・余市に到着


f0065586_18551735.jpg


さっそく行こうと思ったが

明日から20日まで大潮・満月  汐激速!

ここは我慢か?

そんな悶々としているところに

ヒロコから「父の日」プレゼントか?

さすが我が娘 これって いいんでないかい

f0065586_1931249.jpg


今晩も出るらしいから明日また様子伺いすっか。
イカの付き良いようなら

 「突撃だ!!」
[PR]

by oichangokigen | 2008-06-16 19:27 | 山海の珍味 海篇
2008年 06月 14日

♂ ♀

「フキに ♂ ♀あるの知ってるか~?」
「知らない、そんなのないべさ!」
そんなチィの疑問のお答え
f0065586_18262285.jpg

♂は白黄色
♀は白
そんなんでこれは♀です、♂は見当たりませんね?

同窓会で朝2時まで飲んで4時過ぎから仕事
さすがにお疲れモード全開の中、昼からフキ採りに出発
前回見ておいた場所の降り口がわからず奥へ入ってみることに。
「あぁ~あそこいいんでない?」
「ん~でも上はガンケだべ、フキ固いんでないか」
なんて言いながら適当な所から沢を使い川岸へ降りて行くと
f0065586_1845331.jpg

正解でした☆
漬けるにはもってこいの品物
f0065586_18471365.jpg

欲たけオヤジとホイト親父せっせと荷揚げ
f0065586_1849551.jpg

2ヶ所ほどやっつけて今年の分はいいんでないかな
f0065586_18523825.jpg

満足!満足!で終わる二人じゃあるまいし、バックから潜めておいた
竿を取り出し、上流・下流へと別れて釣り開始
居るのはいいんだがピンコが元気でエサ流れる前に飛んで来る
f0065586_18595051.jpg

せめて20㎝をと願い、ガン玉重くして流してみても出て来ません。
ここで15~17㎝が3匹出てきただけ
f0065586_1955210.jpg

チィ 川釣りは性格に合わないのかな?
今回はヤマベと半々かな(写メで申告)
f0065586_1910247.jpg

オレの釣果(いつもはこんなに持って来ないが来客用に多めに確保)
f0065586_19145358.jpg

フキは一晩水に浸しておく
f0065586_19181984.jpg

翌朝、皮剥きをしてから軽く茹でる
f0065586_19194954.jpg

あとは塩をタップリ、イタドリの葉をのせ重石をガッツリかけておく(バァサン作)
重石を載せない人もいるそうです。
f0065586_19222042.jpg

フキのミソ漬け(オッカ作)
f0065586_193322100.jpg

オレの作品は

f0065586_2039167.jpg


反省 
 茹でたあと冷やし方が不足!
水も頻繁にに取り替えればフキの色が変わらなかったのに残念。
     
[PR]

by oichangokigen | 2008-06-14 21:21 | 山海の珍味 山篇
2008年 06月 09日

ごちそうさまでした。

昨日チィから差し入れ頂きました。

わが家の教訓

人の物は自分の物  

当然 自分の物は自分の物

テーブルの上に置いておくとご覧の通り

中身はすでに腹の中へ消えておりました。

とりあえず、お礼をかねて写真撮影
f0065586_16322772.jpg

[PR]

by oichangokigen | 2008-06-09 16:22 | 山海の珍味 海篇
2008年 06月 08日

南西の風 1m

神威岬の南西風
ここのこの風予報はかなり当てにならず何度泣かされたか。
でも 懲りずに朝3時過ぎにチィと二人向う
美国~野塚に出て海を見てみると
「おぉ 良いんでないかい」
「岬かわして窓岩沖まで行っか」
6時前に来岸到着、もう船着場・斜路にはいつものメンバーが順番待ち
受付のオヤジに聞くともう20隻位出ているよ。
船を降ろして準備完了!
f0065586_1591764.jpg

欲たけオヤジ二人 竿を二本づつ持ち神威岬目指し出港
20mラインでヒラメ狙いの船が数隻バケを振って奮闘中
40~50m通過間もなくメノコ岩
う ぅ ぅ‥ 吹いてやがる!神崎の方から恐怖の南西風
10m位の強風、この船じゃ辛いわ
「チィ ダメだ! 無線塔に行くど~」
60~70mラインは白波が立ち始め陸目を進む
どうにか島無意に到着
f0065586_15251792.jpg

ここから幌無意沖のヤナギ場へ向って進むと
こっちでは南東の風が吹いて沖には行けない
釣り場は積丹岬~出岬の山陰だけか、ここでは遊漁船が2~3隻
f0065586_15313777.jpg

何を狙っているやら ソイ?ソウハチ?
エサは紅イカしかないのでソウハチ仕掛け投入
「コン!コン!」
「食った!」
すかさず合わせを入れるもスカッペ★
遊漁船ではソイが上がって来たのが見えたがエサ無し
「ホッケかカジカ釣ってエサにするぞ」
チィがカジカ1匹ゲット、下針に付けて降ろせばいいぞ
オレも付けようとカジカを見ると身が無い??
チィに「みんな付けたんかい?」 「うん!」
半身よこせよなぁ、オレは紅イカ続行
「ゴン ゴン!」来た~ ホッケが3匹
ホッケがいるなら紅イカで十分、ホッケはクーラーへ
その後 アタリもないので移動すっか。
野塚沖に船影?白波??波をかぶりながら行ってみると
遊漁船2隻 ボート5隻
ここならソウハチ間違いなし、今日始めて真面目な釣り開始
1時間もしないうちに風が強まりシーアンカーも満パイ!
f0065586_16019100.jpg

本日 唯一のサカナの写真
f0065586_1612451.jpg

辺りの船は避難、残っているのは遊漁船1 ボート1
そのうち、最後のボートも撤退してしまったので「やめるか」
そこから30分は波の洗礼を受けながら港目指して操船
途中、チィに写真撮るから運転交代してくれって言うと
「おっかないから嫌だよ~」
「‥ ‥」
10時半頃無事帰港
積丹の湯でマッタリと露天で昼寝
f0065586_16144127.jpg

帰路はビールも回り小樽あたりから意識不明
釣果
ソウハチ 31
ホッケ   3

 
[PR]

by oichangokigen | 2008-06-08 22:54 | 積丹
2008年 06月 06日

頭 悪る~ぃ!

30㎜のパイプに2㌔の鉛を入れる為には何cmあればいいか?
f0065586_202288.jpg

半径×半径×3.14×○○ ??
鉛の大きさは缶詰の缶で直径6cm厚さ3.2cm、これが2kgである。
‥ ‥
要らなくなった鉛を溶かし始めたのが3日前
f0065586_2036561.jpg

鉛が溶け出すのは400℃
f0065586_20371135.jpg

出来た!!
マズイ! 13㌔重すぎです、ナベが持てないべぇ~
f0065586_20402462.jpg

それから小分けにして2㌔ 1.5㌔ 1㌔の塊を作った。
そこから2㌔の鉛問題の始まり
雄一に聞くと「鉛を入れてから切ればいいべさ」
そうは行くか!と計算?をしてみるも‥
リョウコは23cm!「私は数学得意だからね」
「オレは得意じゃないが本能があるのだ!!
決定」  20cm
再度、溶かして投入
f0065586_21155045.jpg

ピッタリ!じゃないが上下5㎜づつ潰して完成
2㌔の鉛完成、隣は普段使っている150号の鉛
f0065586_21215522.jpg

鉛は1号が1匁(3.75g)
したがってこの鉛は533号あたりかな
さて!この鉛の活躍する時はくるのか‥
[PR]

by oichangokigen | 2008-06-06 21:44 | 仕掛け・船