おいちゃん釣り日記

oichango.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:温泉( 23 )


2010年 09月 20日

ニセコ小湯沼

f0065586_1939971.jpg


昨日の疲れなんて‥

家で寝ているわけにはいかず子守りもかねてニセコへ

馬場川上流にある小湯沼

f0065586_19594836.jpg


拓海とトウゴは歩ききれるか



f0065586_19555763.jpg


ここまでは歩きやすかったが


f0065586_2015218.jpg


ここからは根曲がり竹の迷路に突入

f0065586_2043038.jpg


そろそろ泣きが入り出したトウゴ

f0065586_1957745.jpg


おっと ヤバぃぜ

f0065586_2061597.jpg


一時間ほどで到着

f0065586_2074889.jpg


ここが小湯沼 

硫黄の源泉が沸きだしていてここでは入れないので下流へ

f0065586_208407.jpg


おっ こりゃ~面白そうだ

f0065586_20948100.jpg


何だ こいつは河童か?

f0065586_201054.jpg


今日のグランプリ!

湯の華で泥パック

ガキどもは気持ち悪く近寄らない

f0065586_20144673.jpg


ハィ ポーズ

f0065586_20105790.jpg


帰りは楽してひっつき虫

f0065586_20131938.jpg


5時まで戻らなきゃならないので今日は早上がり

そろそろ紅葉シーズン国道は渋滞ぎみ

紘子が帰って来たらここかな
[PR]

by oichangokigen | 2010-09-20 21:47 | 温泉
2010年 09月 19日

金花湯は永遠に


f0065586_19131743.jpg


7・8月の大雨で土砂崩れ、泊川はゲートも流され千走川側は通行止め

当然、金花湯への林道も被害にあって通行困難を予想

ネット上でも7月以降行ってる痕跡は見当たらない

20年来通っている温泉だ,行ってみるっきゃないべさ


きっと湯船も埋まっているはず、スコップ・ツルハシ持参して道路工事かねて

出戻り覚悟で行ってみる

朝6時集合

のはずが雄一子守りで棄権

予報では昼前から雨もあがり晴れ間が出るはずなので決行

f0065586_19115093.jpg


9時30分現着

いるんじゃない、すでに1チームは突入

ゲートの前にもKTM軍団がユニック使い準備中

f0065586_1920232.jpg


ちなみにここのカギは「MUL-T-LOCK」

f0065586_1924892.jpg


オレ達も準備完了

今日のメンバーはチィ・kengo・初参加の岩田君

f0065586_1930383.jpg


いきなりXR100がプラグかぶり

20年選手、この先大丈夫か?

f0065586_1933516.jpg


先発したKTM軍団が道を作ってくれているのを期待して後を追う

kengo今日は快調?

こけてもカメラ出す間に逃げ去ってます

f0065586_19472731.jpg


間もなくKTM軍団吸収

この先長い付き合いになりました

f0065586_19562667.jpg


久しぶりのエンデューロ気分

f0065586_1957473.jpg


第一難関突破、バカ殿岩に到着

f0065586_19595613.jpg


その後も‥

f0065586_2071628.jpg


f0065586_20114855.jpg


ついでに帰り道の模様

先頭でコケまくっていたチィ

f0065586_2013980.jpg


岩田君もゴテッ

f0065586_20143272.jpg


kengo全開!  その後は‥

f0065586_2017452.jpg


今回の難所(行きはセロー軍団が道を作ってくれた所)


帰りは手渡しでなきゃ通れなくなってしまった

f0065586_20222627.jpg


今回の目的は湯船拡張工事

到着後、水抜きをして湯の花を削り広げる

f0065586_20292675.jpg


空中露天も掘り下げ

f0065586_20303659.jpg


水路を復活させてあとは溜まるのを待つ

f0065586_20352767.jpg


f0065586_203426100.jpg


こんこんと湧き出している源泉

kengoにここに入るとブログの表紙になれるぞ

「熱い~早く写してくれぇ~」

f0065586_20403263.jpg


残念ながらこれじゃ表紙を飾れません

ここで奥まで入りタップリ浸かったのは我が家のババァだけ

しばらく入っていたので骨だけになると思っていたが未だに健在

湯が溜まるまで河原に下りて鳳凰の湯(ご免、ピンボケ)


f0065586_20492090.jpg


上がってくると湯船には湯がたっぷり

f0065586_2057548.jpg


f0065586_20574594.jpg


f0065586_2058131.jpg



空中露天も3名入れる広さに

f0065586_20594567.jpg


f0065586_2101075.jpg


明日になれば湯の色もキレイなコバルトブルー

紅葉と天気が青空になれば最高です
[PR]

by oichangokigen | 2010-09-19 23:30 | 温泉
2010年 07月 19日

当たるも八卦・当たらぬも八卦


f0065586_2030090.jpg

銀座のババァを目指す 友理子ちゃんの鑑定を受け各自反省

オレなんかこの先オネェちゃんとの出会いもないと宣告 大殺界か?

チィはアツコに獲りつかれるのか?

Kenngoはあと2回チャンスありで大喜び ♪ ♪

0時近くまで騒いでいていたが何処に行くか決まらずジグソーパズルで引き当てたのは

道南?隅には函館の文字も



それじゃ今から目的地無しで出発だ

第一到着地は〇〇温泉(どうしてもこんな所になっちまう)

f0065586_1847592.jpg


去年入った場所は熱すぎて入れず暗闇の中下流へ移動

f0065586_2029089.jpg


ここならどうにか入れる

今日の湯床はここに決定

f0065586_20291325.jpg


車に戻り銀座のババァ・拓海を起こして再挑戦

f0065586_20292496.jpg


おっと・と 深いの?

f0065586_20293547.jpg


ここがどんな場所なのかも知らずにゴキゲンです

f0065586_20294980.jpg


星空を眺めているKenngo

な~んだ 寝てやがる

f0065586_20301196.jpg


無事、入浴終了

f0065586_20314127.jpg


辺りも明るくなり始めたのでここは退散しなきゃ

f0065586_20322132.jpg


ここも係員が来ると駐車料金奪取されるのでお早く願います

f0065586_20323112.jpg


アヒル~ 行くぞ

f0065586_2032426.jpg


何 やってんだ?

f0065586_20325570.jpg



車が動くとすぐ寝ちまい止まると食う

f0065586_1852424.jpg


f0065586_20332063.jpg



観光地・洞爺西山火口

オレが来たことないので採用

f0065586_18535971.jpg


ここは立ち入り禁止じゃないからゆっくり見て

チィもここから復帰(手相を見てもらい落ち込んでいたのかな?)

f0065586_20335983.jpg



洞爺から噴火湾を南下して国縫へ

ピリカダム経由20km

着いたのは奥ピリカ温泉

f0065586_1859296.jpg


ここの露天は山小屋から丸見え

宿泊客は当然なし(ここはほとんど日帰り入浴)

f0065586_1915381.jpg


f0065586_194478.jpg


おい シッコすんなよ

f0065586_1951373.jpg


再度、太平洋に戻り高速で函館目指す

途中の大沼公園の名物ダンゴ、元祖と本家がしのぎをけずってます

f0065586_20343554.jpg


f0065586_2034457.jpg




五稜郭到着

観光地苦手なオレはここからしばらく z z z z ‥

f0065586_20372763.jpg


f0065586_20374112.jpg


f0065586_20375591.jpg


f0065586_20384498.jpg




函館山

f0065586_20385768.jpg

f0065586_20391893.jpg


父さんのお土産はスルメ

f0065586_20394078.jpg


金森倉庫でジェラード

f0065586_20412239.jpg


f0065586_20415681.jpg


ラッキーピエロ
f0065586_20424494.jpg

 チャイニーズチキンバーガー


f0065586_20422494.jpg



f0065586_2043176.jpg



函館観光もここまで16時過ぎ札幌へ

当然、運転手以外は夢の世界に突入

20時間の長旅終了し無事帰宅

目覚めてまだまだといけると2次会

f0065586_20431577.jpg


蟹の食いっぷりはお見事

f0065586_20432769.jpg


f0065586_20433863.jpg


何時、終わった?


寝不足‥

ひまわりとラベンダーが見たいって言ったて

ひまわりは北竜町まで100km

ラベンダーは富良野 これも100km

これを飛行機最終便まで回って来るのは不可能

‥  ‥

不可能を可能へ

まずは北海道らしい場所で腹ごしらえ

f0065586_19364822.jpg


f0065586_19371227.jpg



規模は小さいがこれでいいかな?

f0065586_1948292.jpg


f0065586_1932588.jpg



ラベンダーはここ

f0065586_19425112.jpg


f0065586_1945392.jpg


f0065586_19433422.jpg


18時過ぎ無事帰宅

これで最終便に間に合うはずが事件です

ババァが葬式に乗せてってくれって言い出しピストン輸送

19時30分千歳に向かいどうにかセーフ


これにて銀座のババァ友理子ちゃんの

北海道初上陸の旅は終わり帰京


f0065586_21141436.jpg

[PR]

by oichangokigen | 2010-07-19 17:09 | 温泉
2010年 07月 18日

どうしても…

表紙を飾りたい
f0065586_19523721.jpg


このイカレタ娘がどうしても行きたいとの願いと

早々と浴槽・ホースを準備して待機していたkenngo

この二人の願いを叶わすがため今日は釣りをやめてお出かけです。

朝からかなり入れ込んでる模様でたいへんです

f0065586_2015820.jpg


今年も元気良く源泉が沸き上がってます

Kenngoの用意したホースがドンピシャ!

f0065586_2062760.jpg


浴槽担ぎ込み隊長

f0065586_20102369.jpg


これを見て

「私もやりた~い」

f0065586_20115970.jpg


このホースのおかげで苦労なく源泉賭け流し完成

f0065586_20354932.jpg


おなじみのカッパ姿

f0065586_20182876.jpg



最高だわさ

f0065586_20184722.jpg


チィ、一緒に入るべ
f0065586_2019570.jpg


夫婦水入らず 最後の入浴か?
f0065586_20194282.jpg


気にいったようで一安心

f0065586_20213727.jpg


f0065586_20591045.jpg


「うわぁ~~~見ないで!」

「おえぁ~~~見たくねぇ~!」

ただ今カメラの前を平面カエルが通過したみたい?

f0065586_21351012.jpg


Kenngo これで仲間に入れたなぁ

f0065586_216309.jpg


「やべぃ シッコしてぇぞ~」

間に合わないからここで失礼

f0065586_21111763.jpg


ここで2時間ほど遊ばせてもらい、2次会は温泉

の予定だったが夕方札幌入りする「銀座の占い師?」のお出迎えの為戻る

予定通り到着

モデルが来るってんでkanちゃんチィも期待して

そりゃ拝んでいくか(評価は〇〇点)

顔合わせも終了

それじゃ 飯? 温泉?

「 両方! 」

安上がりに回転寿司へ行くと1時間30分待ち

そんなに待ってられるか!

作戦あるのでポケベル持って定山渓へ(さすがにマズイので小金湯に変更)

f0065586_2143791.jpg


寿司屋にも無事到着



予約より4名オーバー?


f0065586_2148337.jpg



この二人でこの皿数か?

f0065586_215159.jpg
f0065586_215132100.jpg



その後、我が家は占い小屋に変身

 
つづく
[PR]

by oichangokigen | 2010-07-18 21:47 | 温泉
2009年 12月 20日

やっぱり

この風じゃ船を探す必要もなく夕方いつもの温泉だ

本人達はプチ忘年会

f0065586_171162.jpg


酒飲んで風呂入ってごろごろ

いつもながら ありがたや ありがたや ♪♪


当然、翌日は何もやる気なし

自分達がやる気ないのでこいつの訓練

しかし

林道に突入させると‥

もうダメかい?


f0065586_17164438.jpg


ここはスキーの跡があるだけ

進め~~~!!

バックして再突入


f0065586_17183184.jpg


オーナーと一緒  決め手に欠けてます

次回はオレがタップリしごいてやるぞ

最近、ネタ不足でつまらんです

何処か刺激のある所ありましたらご一報願います。
[PR]

by oichangokigen | 2009-12-20 21:54 | 温泉
2009年 11月 15日

やっぱり温泉だべさ


f0065586_16204541.jpg


朝2時頃までごちゃごちゃやっていたが6時にはチィも到着

とりあえず目的地は然別

峠の雪もこの雨で溶け路面も出て走りやすいがこのガスじゃ

f0065586_1650881.jpg


鹿追市街から25km 然別峡へ

オヤジが倒れしばらく閉館中の名湯 「菅野温泉」

おそらく再開してもこの建物は取り壊されてしまうので最後の見納めかな

f0065586_16585061.jpg



ここの風呂はあきらめて?

ここからトボトボと徒歩

f0065586_13395894.jpg



それじゃみんな続け~!

f0065586_1327426.jpg


然別峡野営場奥にある「鹿の湯」

f0065586_1719461.jpg


1km位歩き あとはここを下れば到着

f0065586_1329183.jpg




夏場は人で混みあっているがこの時期になれば当然貸切

f0065586_2055656.jpg


f0065586_17262283.jpg


f0065586_17264592.jpg


今日はバァサンも参戦

f0065586_17281252.jpg


ユウヤンベツ川を眺めての入浴は最高

f0065586_17303847.jpg


雨が降ってきたのでこちらに避難(夫婦の湯とか)

f0065586_1733864.jpg


チィも雨に濡れるので潜り込んできた(ここは二人用だ)

f0065586_17341540.jpg


車に逃げ帰り、然別湖へ行くにはまた戻らなきゃならん

ナビを見ると山田温泉へ抜けている山越の林道発見(右二股沢)

タイヤの跡はどう見てもタイヤショベル

行くっきゃないべさ  勝負!(カギ? 開いてたから)

f0065586_17535986.jpg


途中、落石の石をよけ腹をぶつけなが30分経過1050m雪も多くなってきた

おぇ~大崩れ、ダメだここまでで撤退‥(急がば回れか)

f0065586_1819504.jpg


戻る途中もう一個温泉発見(テムジンの湯)入るのは次回にするべ

f0065586_2061457.jpg


雨も上がりいい感じ

f0065586_18352626.jpg


最終温泉を変更 糠平湖径由で「幌加温泉」

途中で拓海が「シッコ、シッコ」

チィと雄一が男の象徴「立ちション」を伝授

しっかり押さえて上を見て飛ばせ、終わったらいっっぱい振れ!

残念ながらシッコは チィの手の中で‥

f0065586_1857133.jpg


その後 二人は

f0065586_1332782.jpg


第2ラウンド(このときはセーフ)

f0065586_13242045.jpg


16時過ぎ幌加温泉「鹿の谷」到着

f0065586_18594724.jpg


ここも混浴

f0065586_1904316.jpg


当然、辺りには鹿がうろついてます(まともな写真がねぇ)

[#IMAGE|f0065586_192942.jpg|200911/16/86/|mid|640|480#]
[PR]

by oichangokigen | 2009-11-15 22:10 | 温泉
2009年 11月 03日

kanちゃんの運動?

ついに天気予報に雪だるまマークが

当然、釣りなんか行けるはずもなくお決まりの温泉

雄一が朝から来てタイヤ交換

目指すは今時期はほとんど貸切

f0065586_20112678.jpg


本館に決定

ここも随分改築して今風になってきた

f0065586_20121511.jpg


当然、貸切

f0065586_20145194.jpg


露天に行くには

館内を裸で移動(この時期しか出来ないけど)

f0065586_20271853.jpg


さぁ これからkanちゃんの運動

すでに閉鎖している「朝日温泉」へ向かう

歩いて1時間を予定していたが予想外に車で行けちゃった


f0065586_20241421.jpg


さぁ 露天はどうかな?

いけそうな感じ

f0065586_20303529.jpg


チィ 珍しく自重して入らず?

f0065586_20302061.jpg


登山道かからの眺め
(珍しくチィのナイスショット)

f0065586_20333321.jpg


帰りがてら岩内公社ではkazuさん船すでに冬眠済み

さぁ、オレも今週中に冬眠させるか
[PR]

by oichangokigen | 2009-11-03 21:03 | 温泉
2009年 05月 02日

夢ごこち

23時過ぎに無事宴会終了
いつものヨッパライ親父ならとうに仮死状態のはずだが?
珍しく起きているのをみて雄一がこれから何処か行きましょう。
なんて言われ「お~寝てていいなら行くぞ!」って言ったらしいが?
風呂道具だけ持ちいつもの指定席で zzz zzz‥
f0065586_15501172.jpg

層雲峡のセブンイレブンで小休止と食料調達

朝 4時半起床 ?? ここはどこだ? 車の中か?
窓から外の景色を見ると見覚えのある山が目の前にある。
「斜里岳」だべ!
f0065586_154958100.jpg


チィと雄一寝ないでここまで走ってきたみたいだ。
目的地は通行止めになっている「川北温泉」
オレも10日ほど前に裏道があることを知り探索対象のひとつだった道。
二万五千分の一の地図で見た記憶だけで突入開始!
二度ほど間違えながらも林道発見して奥へ進んで行ったが
早々と雪道になり雄一が運転ストップ「もうダメ 交代」
それじゃ~睡眠たっぷりのオレが行くか!
200mも進まないうちにスタック、完全にカメ状態になっちまった。
f0065586_15432898.jpg

「すんません‥ 辺りから石を集めておくれ」
30分ほどかかり無事脱出成功(ヨカッタ ヨカッタ)
こうなりゃ正面攻撃しかなく戻って作戦会議
f0065586_20553937.jpg


ここから温泉までは5km、雪道だから1時間半はかかる。
こんな時こそドラえもんポケットが活躍「開け~ドァー☆」
さてさて、どこまで除雪しているやらわからんが行けるところまで行くぞ。
ラッキーです、2.5km地点まで除雪してありこれならいける。
残り2.5km ここからなら歩いて45分もあれば十分
風呂準備をして出発だ!
f0065586_2115925.jpg

その前に記念撮影だ
f0065586_21204461.jpg


イケシュマナイ川 (ここまでアキアジは上る)
f0065586_21274165.jpg


あと1km
f0065586_21294473.jpg


道中はこんな感じで開通はいつになるやら?
f0065586_213101.jpg


あとはここを登りきれば
f0065586_21321341.jpg


予定通り45分で到着 (看板が大好きなチィ)
お~い雄一早まるな~
f0065586_2135581.jpg


男湯は熱くて入れず女湯へ移動
f0065586_2145545.jpg


川水のホースが詰まっているのか上流へ行ってみるも開通せず
f0065586_2151559.jpg


ここが「川北温泉」の源
f0065586_21524953.jpg


今シーズンはまだ誰も来てないので湯船の中は湯の華とコケだらけ
「なぁ 気持ち良く入りたいよな~」
「風呂掃除 するべや」  
他にだれもいないんだがこのスタイルはいかがなもんで

f0065586_2225445.jpg


ほらほら磨け
f0065586_2231179.jpg


すっかり洗い流して
f0065586_22103430.jpg


新鮮なお湯を注入
f0065586_22132563.jpg


すっかりキレイになったのはいいが溜まったお湯が熱い
川からの水ホースは出て来ず、熱くて入れないべ!
「よ~し 川から水運ぶぞ」 チィ 頼んだぞ
f0065586_22193187.jpg


結局は全員参加で
f0065586_22211028.jpg


この間1時間以上バカタレ3人は裸
やっと落ち着いて風呂に入れた 「極楽.極楽」
f0065586_22285643.jpg


帰りたくないってしつこく入り続ける雄一
f0065586_22303350.jpg



なごり惜しいが3時間の夢も無事終了

ふれあい泉水
f0065586_15581358.jpg



流されたコーラを回収
f0065586_15585710.jpg


クルマも人間も空腹、標津まで下りてさてこの先どうする?
ここまで来たんだから回るか!
目指すは羅臼側最奥地相泊温泉
待てょ、その前にある瀬石温泉もやっつけるぞ。
f0065586_22455229.jpg


雄一トップ入場
f0065586_22461665.jpg


挑戦するも海水が流れ込みほとんど海水温度
すかさず撤退して相泊温泉へ、ここも昔は小屋掛けだったが今は
f0065586_22552312.jpg


ここでしっかり温まり、さて次は?
回るべ回るべ 知床横断するべ
羅臼岳~硫黄山縦走(登っておいて良かった山)
f0065586_231713.jpg


ついに宇登呂まで、なら岩尾別温泉「地の涯」へ
ここは鹿の楽園、道の前でも知らん顔
f0065586_2319373.jpg


ここは無料温泉(いままでも無料か)
「滝見の湯」
f0065586_23183983.jpg


これだも‥
f0065586_23245250.jpg


ここから「三段の湯」へダッシュ
f0065586_23261458.jpg

f0065586_2326357.jpg


「三段の湯」
f0065586_23275459.jpg


f0065586_23291373.jpg

f0065586_15403790.jpg


まだまだ元気!
f0065586_23301896.jpg


オシンコシンの滝
昔はここから見ていた(下界の観光客がビックリ)
f0065586_23392775.jpg


滝の落ち口
f0065586_23401035.jpg


f0065586_23403455.jpg


この後は北見径由で札幌目指して帰る、最後に金300円を払いつるつる温泉

全行程1.180km 22時間マラソン終了
[PR]

by oichangokigen | 2009-05-02 23:30 | 温泉
2009年 04月 26日

冬景色に

天気予報どうりの大荒れ、当然釣りなんぞ行ける訳なく温泉へ
10日ほど前にB.S DUELER A/Tにタイヤ交換済み
中山峠越え?
行けるとこまで行ってみてダメなら「渓流荘」だ。

f0065586_18573511.jpg


けっこうな降りの中どうにか峠到着

f0065586_1914394.jpg

f0065586_194292.jpg


喜茂別側は走りやすく安心するも
広島峠は交通量も少なく辺りも真っ白
f0065586_1964731.jpg


予定より30分以上オーバーしてどうにか到着
これでやっとオレもビールが飲めるぞ
f0065586_1918217.jpg


ポッチ~の温泉の条件は入浴料を払い、屋根があることらしい
「ほら、ちゃんと屋根付いてるべ」
f0065586_19261949.jpg


湯気と雪でまともな写真がなくスマンです(残念)
露天で川原に出てしまうヨッパライ

f0065586_19293650.jpg


雪どけで増水中
f0065586_19423326.jpg


お! なんだ‥‥か
f0065586_19304698.jpg


この二人はいつものように
f0065586_19381242.jpg


ヨッパライ2号
f0065586_19483379.jpg


帰りの心配なんて何も考えて連中です。
f0065586_19514052.jpg


チィの作品
f0065586_15192957.jpg

f0065586_15194480.jpg


17時半集合 どうみても間に合いそうもないね
15分も走らないうちに荷台集団は zzz zzz zzz
峠に向かう路面は圧雪状態に
f0065586_19575876.jpg


1時間遅れで本日のメイン会場に到着
kanママ 〇〇歳  アツコ 52歳
f0065586_2071497.jpg


 乾杯! 
f0065586_2082092.jpg


「どうぞ~」
「ありがたや ありがたや」
f0065586_209209.jpg


喜んでもらえたのか???
f0065586_2012327.jpg



f0065586_20122348.jpg


飲んでばかりでここまで。

アツコの葬儀用の写真はこれでいくとか
f0065586_20205060.jpg

[PR]

by oichangokigen | 2009-04-26 22:26 | 温泉
2009年 04月 12日

200円

今日の目的地のヒントはこれだけ‥    
この写真だけを頼りにに道南までドライブ

f0065586_1454961.jpg

f0065586_1592928.jpg


八雲で〇○〇を獲りに来ているはずのタミ母さんを探すも見当たらず合流できなかった。
後で聞くと1時間以上も前から乗り込みタップリ収穫した模様。
10分ほどかき回して目的地へ向かう、森町からは砂原~鹿部方面へ
どうして道南にはお稲荷さんが多いんだろ?
f0065586_15183542.jpg


鹿部間欠泉
こんなもの見るのに300円とか?
なぜか鳥羽一郎の「北斗船」の歌碑がある(知らねぇけど‥)
f0065586_1522336.jpg


今日のヒット作
森警察署 なかなかやるんでないかい。
f0065586_1526775.jpg


ナビを頼りにどんどん入って行くと目的地は目の前
しかし、こんな林道の崖っぷちにあるのか?
川へ下りて行くと釣り人がいて聞いてみると1本早まったようでバック!
札幌から265kmやっと到着
案内板ひとつ無いこの温泉が今日の目的地
f0065586_15401573.jpg

いやいや~良いんでない
f0065586_1543782.jpg

このなにも考えてない仕掛け
f0065586_15443858.jpg

ヒロコも「ひぇ~ こりゃいいわ♪ ♪」
f0065586_15445497.jpg


当然、我が家だけの貸切内風呂ひとつあるだけ、ここはこれが一番お似合いだ
f0065586_15522115.jpg

白濁した硫黄泉がかけ流し
f0065586_15575022.jpg

みんなゴキゲン
f0065586_15574040.jpg


あとは辺りを探索、橋の上から見ると上流に湯煙が見える。
f0065586_1631693.jpg


かけ流しの湯が川原へ、何年経ってここまでおがったのか?
f0065586_1642664.jpg


拓海 「上流へ行くぞ、 続け~」
f0065586_1662549.jpg

f0065586_1665167.jpg


待て待て、オレが検査してからだぞ
f0065586_1692313.jpg


源泉 80~90℃
f0065586_1611736.jpg
f0065586_16111925.jpg

見ていると色が変わっていく
f0065586_16122597.jpg


川原に下りると面白い形のものが?
f0065586_16173310.jpg

待って~
f0065586_16185928.jpg

石で
f0065586_16224394.jpg

美味そうだな 「塩ぱぃわ」
f0065586_16251791.jpg

記念撮影
f0065586_16255522.jpg


あとは恵山回りしようとしたがカットして五稜郭へ
目的はハセガワストアーの「焼き鳥弁当」 
f0065586_16312867.jpg


大沼へ団子を求め
f0065586_1633628.jpg


20時過ぎ無事帰宅
あとは自分で掘り起こした獲物
f0065586_16364757.jpg

腹一杯食ってやるぞ!
f0065586_16375164.jpg
f0065586_1638422.jpg

[PR]

by oichangokigen | 2009-04-12 21:47 | 温泉