おいちゃん釣り日記

oichango.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山( 18 )


2010年 06月 13日

天国と地獄

天国

この白い世界はおそらく日本一(見つけられてる中では?)

f0065586_1530024.jpg


ここ2.3日天気も良く、ナーディも修理完了

当然、余別~川白でタラ・ヤナギに出撃予定のはずだったんだが

kenngo 「日曜日バイク持って新得に行って来るから~」

新得? まさか一人で丸山に行く気してるんか~?

「偵察、偵察して来るだけだからと言ってバイク修理してやがる

まだ雪どけ水で水量多いし冷たいぞって言っておいたのに抜けがきする気だ

オレより先に見るなんて許すわけないべ!

釣りは中止、チィ・雄一・ヒロ子参加で5人パーティーで出発

屈足目指し朝6時過ぎに向かう、途中日高で寄り道

ヒロコとシオンのツーショット

f0065586_22174766.jpg


HOAのラフティング

ネイスンとブラウン?が撮影に使うチビボート


f0065586_15242368.jpg


シオンとヒロ子が陸上ラフテリング体験

川より面白いがガイド役の体力が持たない

f0065586_15272789.jpg


来月の再会お楽しみ シオン、ピザは任せておけよ

昼には探索出発したいがいつになるのか新得でまたもや寄り道

目的の林道を見つけ 奥へ 奥へと

行ってみると ここでも

f0065586_15563563.jpg


林道いっぱいの崖崩れ

これはブルでも来て押さなきゃダメだべ

雄一によるとすぐ先に橋がありそこから支流に3kmほど入ってから川へ

kenngoが道具箱から使えそうな物を引っ張り出し戦闘開始

f0065586_22201699.jpg


ノコを使えるようにとハイエースからボルト・ナット拝借

f0065586_22241914.jpg


鋸は切れないのが一丁

f0065586_167403.jpg


こんなもんで切れるわけないべ?

f0065586_1692821.jpg



ドライバーとトンカチでむしっていく作戦

f0065586_16113433.jpg


f0065586_22193145.jpg


まるっきり役に立たない奴だ

東京へのみやげ話はこれだけで十分とか

f0065586_16134392.jpg


一時間で10本ほどあった木は切り終え下も整地?

左は10mの崖

f0065586_16163064.jpg


まだまだ、行けるぜ ハイ・エース

f0065586_16172393.jpg


難所をクリアして橋に到着

? ? ?

支流の林道が無い ナイ ‥

地図をよく見るとかなり入り込んで来てるみたい

この難工事はなんだったんだ

戻る途中、今日唯一すれ違ったダットラに聞くと少し戻ると林道あるとか

でもそんなもの知らないって、噴泉塔は裏にあるぞ(それは知ってるんだけど)

あった!こんな道を見逃すなんて‥

14時30分到着

2時間上って見つけれなければ撤退で遡行開始

f0065586_16493324.jpg


何度か渡渉するが河原には鹿道があり歩きやすい

f0065586_22273453.jpg


f0065586_1649115.jpg


ニペの頂


f0065586_1650353.jpg


この鹿道のおかげで楽勝ムード

f0065586_1653820.jpg


苔むした沢が目印だがここではないみたい

f0065586_16543833.jpg


間もなく到着、1時間30分経過

ここが上り口、元気満開!雄一が先頭で上り始める(100~150m位)

f0065586_1702085.jpg



f0065586_170569.jpg


f0065586_171206.jpg


(そのころ最後部では事件が起きていた)

ついに到着

f0065586_178457.jpg


f0065586_1793939.jpg


f0065586_17101638.jpg


f0065586_17103138.jpg


f0065586_17104213.jpg


f0065586_22281558.jpg


f0065586_22284178.jpg


f0065586_222858100.jpg


f0065586_22291054.jpg


丸山石灰帯

人に知られてしまうと1シーズンで苔は剥がれ、石灰は流れ落ちハゲ山にされそう

18時15分 無事車止めに到着

あとは温泉

オソウシ温泉も昔の面影なし(今の宿主は4代目とのこと)

f0065586_22295037.jpg


札幌に着いたのは0時過ぎ、もう少し考えて行動しなきゃな

なんて反省じゃないから、

オレは何時までも助手席でビール片手に居眠りこいてます

地獄

最後部の事件はたいした事ないようなので報告なしにしましょう。










と思っていたが雄一がしっかり写してやがった

山で脚を攣るなんて初めての経験

川水で冷やしてみてもダメ、ごまかしながらながら明るいうちに無事下山


f0065586_22292821.jpg



最終便で帰京

こんな写真は滅多に見られませんから

f0065586_223098.jpg

[PR]

by oichangokigen | 2010-06-13 23:40 |
2009年 11月 01日

奥へ 奥へ

市街から20km奥にある新冠ダム

f0065586_19235325.jpg


さらに17km

奥新冠発電所ここには最強のゲートが

f0065586_19404883.jpg


ここからさらに22km

ここは歩くしかなく5時間かけてポロシリ山荘へ

何度、通ったものか
[PR]

by oichangokigen | 2009-11-01 22:26 |
2009年 10月 28日

11年ぶり

週末の予報は雨~雪になりそう

今日の天気を逃してしまうと今年はもう無理

「決めた!」  午後から向かう

11年ぶりの対面

f0065586_153139100.jpg



15時35分現着、ここからの林道が長い(13km)

車の入った様子もなく気分の良い林道

f0065586_1536415.jpg


30分ほど走ると
芦別・夕張山塊のど真ん中に南北2km連なる石灰岩の岩峰

f0065586_15475278.jpg


恐竜の背にちょうど夕陽が

f0065586_15481484.jpg



道内では一級の岩峰
ルートはS1~6 C0~9 N1~4がある

f0065586_15504573.jpg



林道は昔と同じS峰の基部まで入ることが出来た

f0065586_1682870.jpg


S峰

f0065586_16224739.jpg


C1~C0~N峰へ登山路が続いている
普通の登山者は1時間ほどで岩峰の下まで登る

f0065586_163121100.jpg


礼振峰

f0065586_1723760.jpg


すっかり見惚れてしまい帰り道では

f0065586_1735463.jpg


上弦の月

f0065586_1902844.jpg




鹿が多いのでゆっくり来ると

f0065586_17424257.jpg


でも、今日は万全

f0065586_17134554.jpg


帰りは温泉、今日も良い一日でした ♪
[PR]

by oichangokigen | 2009-10-28 21:25 |
2008年 09月 28日

紅葉は?

f0065586_18252775.jpg

大雪高原温泉・沼巡り

今年評判の良くない紅葉を見に行って来た

層雲峡を過ぎると、事故の為石北峠通行止め

暫く行くと銀泉台、雪のため通行止め


高原温泉行きのバスは運行中でも沼巡りは通行止めだ。

2日間で50~60cmの積雪がありご覧の通り
f0065586_18365567.jpg


温泉周りは
f0065586_18325327.jpg


地熱で雪はなく座ると暖かい
f0065586_18344434.jpg


沼巡り出来ないので緑岳に向ってみる
f0065586_18404524.jpg


踏み跡はここまで、あと頼りはこれだけ
f0065586_18441412.jpg

f0065586_1857814.jpg


膝までのベタ雪、霧雨でべったりヌレネズミ
f0065586_1852959.jpg


見晴らし台
f0065586_18495254.jpg


これ以上行っても沼に降りれないので引き返す
しばしの青空
f0065586_197933.jpg


紅葉らしいかな?
f0065586_1925074.jpg


冷えた体にはこれしかないしょ!
f0065586_1943370.jpg


今年の紅葉はこれで終わり、このまま根雪かな?

帰りに当麻鍾乳洞見学(500円)
f0065586_19152148.jpg

f0065586_1916397.jpg

f0065586_19163419.jpg

[PR]

by oichangokigen | 2008-09-28 21:47 |
2008年 05月 06日

羊蹄山 登山

羊蹄山 春山登山のはずがkanちゃん自ら辞退
みんなの顰蹙をかきながらも神威岳に変更。
f0065586_12393331.jpg

途中の林道歩きも車で移動して「殿様登山」開始。
f0065586_12401695.jpg

ゆっくり行っても1時間30分で着くはず、雨は昼からと予想
それじゃ、ガンバって行くぞ~
f0065586_12443100.jpg

何故かオレの背中には10kgの拓海が張りついてやがる
f0065586_21491026.jpg

いきなり沢越え
f0065586_2152119.jpg

降りると当然登りが待ってます。
「オリャ~ファイト!」
f0065586_1517451.jpg

まだ10分も歩いてないのにこのザマです
f0065586_1515916.jpg

どちらが丸太やら???
f0065586_15185130.jpg

45分経過 小休憩
f0065586_15201195.jpg

「みんなガンバレよ」
「次はどの背中に張り付いてやろうかな」
f0065586_15223097.jpg

最後の登り開始、これを乗り切れば
f0065586_15243368.jpg

岩塔は目の前だ
f0065586_15255797.jpg

札幌岳
f0065586_15265319.jpg

これを登りきれば
f0065586_1528193.jpg

「kanちゃん夫婦」 2座目登頂
f0065586_1536458.jpg

拓海 初登頂
f0065586_15374686.jpg

最後まで張り付かれていたチィ
f0065586_15391174.jpg

帰りも雨にあたらず無事下山
f0065586_1542243.jpg

無事下山となりゃ~☆
渓流荘で汗を流してから
 「カンパ~イ」 
f0065586_15444558.jpg

「オレも疲れたぜぇ~ さぁ食うぞ」
f0065586_15473984.jpg

さんざん食いまくり満足なチョイ悪オヤジ
f0065586_15492879.jpg

口から何やら出している?
f0065586_15503741.jpg

正体はこれ
f0065586_15535851.jpg

f0065586_15542964.jpg

[PR]

by oichangokigen | 2008-05-06 22:32 |
2008年 04月 29日

リハビリが

鉞山の悪夢を取り払う為、昼から神威岳に向かう。
ここは林道歩きが1時間近くあり、これをクリア出来れば1時間チョイで登頂!
途中 観音山(八剣山)にしようか思うがパス。
f0065586_22111516.jpg

百松沢林道~烏帽子林道へ入り車のハラを擦りながら登山道へ到着
2人組みが降りて来たので聞くとすぐ後にあと2人降りて来てるらし
入り口にあったのは2台、こりゃ~貸切かも?
駐車スペース見つけ、後をあけると長靴がない??
積み忘れたみたい‥
さすがスリッパじゃ登る気も起きず撤退
途中、4人を拾ってゲートまで送ってやりました(一日一善)
f0065586_22315714.jpg

定天を見に行ってみると雪はほとんど無し
ニセワラジと、もがき苦しんだ中央ルンゼに残雪あるのみ
f0065586_2243994.jpg

懐かしの余市岳登山口
あの時この辺りは消防車とパトカーで一杯
辻岡さんが居るような気がしたので覗いてみたが居ませんでした。
f0065586_22494146.jpg

[PR]

by oichangokigen | 2008-04-29 22:51 |
2008年 04月 27日

‥ ‥

 鉞山
f0065586_1965176.jpg

天気予報も風雨強く温泉気分のとこへ雄一から何処行くコール
山のことなどアタマの中に無い5人組み、遠足気分で珊内へ
霧雨が降って来た~「運転手さんコンビニ!コンビニ!」
取りあえず山用の食料・飲み水確保
kanちゃんとオレは早々とビール片手に朝食
f0065586_19212439.jpg

f0065586_2252244.jpg

f0065586_225373.jpg

当丸峠越えて行くと??
なぜか日差しも出てきたので林道突入
第一マッカ沢手前1km位で通行止め
靴慣らしをかねて雨が降ってくるまでいきますか
f0065586_19333512.jpg

f0065586_2255029.jpg

目指すはあの頂
f0065586_19342554.jpg

おっと!いきなり川渡り
f0065586_1936167.jpg

f0065586_226824.jpg

ルートは湯の沢と滝の沢間の尾根を直登
ほとんど竹藪の中の登りの連続、まだ元気なkanちゃん
f0065586_2002667.jpg

本日 初参加の 「九州」   
f0065586_2062054.jpg

道中、木登りを楽しんでいたチィ
f0065586_226211.jpg

f0065586_2074847.jpg

小雨が降り出してきたので笹ので休憩(2時間経過)
時間が早いので山の姿だけでも拝みに前進
「やっと鉞が見えた!」
f0065586_20492090.jpg

ここで止めるはずだったがまた前進です。
この辺りからアイヌネギが一面にあり匂いに惹かれ収獲祭
欲タケオヤジ二人はすかさず袋一杯
f0065586_20313347.jpg

ここまで来たら‥
行くしかないべ、最後の登りは傾斜40?
振り向くと珊内の部落が
f0065586_2036312.jpg

向かいの山や珊内岳は雲の中
f0065586_20384417.jpg

最後の稜線は幅1m位両サイドは100m以上落ちてる。
急に風が強まり雨・霙の攻撃、山頂まで10mチョイ?
中間は手掛かり無いみたいなのでここまで。
チィと二人で登頂気分も味わえず下山開始。
f0065586_205934100.jpg

風を避けれる所まで来て一安心
f0065586_2112459.jpg

降りすぎてしまいネギの場所わからず残念!
この頃から事件は始まっていたのかも
f0065586_2185932.jpg

‥ ‥




暗くなってきた‥
f0065586_21123450.jpg

 ゲェ~10m程の滝の上に到着
f0065586_21151628.jpg

これ以上醜態は書けん。   
21時30分全員無事到着

憧れの山はこれにて落城
f0065586_2223367.jpg

登り 帰り 
これはひどいわ★
やっぱり暗くなってからの行動は痴呆の徘徊だ
あの時この画面が見れれば少しは早く上がれたんでないかな。

[PR]

by oichangokigen | 2008-04-27 23:58 |
2008年 04月 24日

片山家へ97-4-6

G・Wに羊蹄に上がるならアイゼンは必要だから用意する事。
帰りのこと考えたらスキー持って行きたいね。
1500m位にスキーをデポして頂上アタック!
この写真は10年以上前?の外輪山の様子です(まだまだ元気な頃だ)
懐かしのショット
f0065586_19415350.jpg

これからは雄一が投稿してきた写真
1000m台地で雪洞キャンプ模様
f0065586_2103961.jpg

f0065586_2104668.jpg

f0065586_211568.jpg

f0065586_212533.jpg

ここからは傾斜きついよ
f0065586_2105753.jpg

f0065586_211960.jpg

f0065586_2112023.jpg


f0065586_2121726.jpg

f0065586_212309.jpg

f0065586_2124250.jpg

f0065586_2134146.jpg

f0065586_21354100.jpg

f0065586_214773.jpg

さて?ここまで行けるやら?
f0065586_2141843.jpg


それで、現在の羊蹄山
f0065586_2162349.jpg


おまけ
これはネイスン・早苗の結婚式の余興での一コマ
f0065586_2181028.jpg

[PR]

by oichangokigen | 2008-04-24 22:33 |
2008年 03月 30日

南西尾根から

この山はどこから見ても飽きない
f0065586_15174278.jpg

この山を南西尾根から見ようと朝6時出発予定が配達●
8時30分 札幌出発~10時 幌着
幌天狗(1220m)までは最低でも5~6時間かかるはず、どこまで行けるやら‥
このコースは歩いたことがないので次回のため下見がてら出発(c60m)
10分ほどでゲート・少し行くと右側にテープ
枝林道に入る。
f0065586_15414126.jpg

先週のモービルの跡もほとんど消え、小川は開いてる
ほとんどブル道、竹と小枝で歩きづらいし
モービル軍団の切ったとみられる木がいたるところにある。
1時間経過、まだ潅木帯脱出できず
f0065586_1550410.jpg

昼のサイレン!振り返ると幌の灯台が見える所で休憩
(釣り船が浜益に戻るとこかな?)
f0065586_15595257.jpg

c500mを越えた辺りから樹林帯に変わり歩き易くなるも体力が
たまにモービル・ツボ足の跡が出てくるが構わずコースカットして進む。
頼りはたまに出てくるピンクテープ。
f0065586_167448.jpg

ダラダラと広い尾根を東へ 東へ
c750mで南西尾根と合流、ここで3時間経過
あとはこれを登りきれば(あと2時間は必要)
f0065586_16143844.jpg

ここまで!ビール飲んでごろ寝
f0065586_16165010.jpg

目の前には浜益岳
f0065586_1618975.jpg

そうか!今シーズンは一回もスキー滑ってねぇんだ。
いらん心配無用、40分ほどで着いてしまう?
これならあと1時間登るんだったかな。
最近 オレの遊び軟弱になったよな‥
ガンバレ~オヤジ!

[PR]

by oichangokigen | 2008-03-30 21:15 |
2008年 02月 10日

グレポンは

運動不足解消をかねて冬山トレッキング
朝里峠手前のよさげな尾根を使い928mを目指す。
スキー・カンジキ無し、長靴スタイルで出発で~す
f0065586_13172984.jpg

冬山は初めてのkanちゃんも元気にラッセルしてゴキゲン☆
f0065586_13235365.jpg

久しぶりのスカッ晴れ
f0065586_13223538.jpg

少しは高度を稼いできたぞ
この写真ならどこから取り付いたかわかる
f0065586_13241736.jpg

45分経過、汗もタップリかいたので一休み
f0065586_133117.jpg

潅木も少なくなり歩きやすくなりますます元気な二人
f0065586_13343943.jpg

少しトラバースして隣の尾根と合流
f0065586_13363737.jpg

あとはここを越えて最後の登り
f0065586_13375619.jpg

けっこうな斜度
f0065586_13385350.jpg

元気!元気!!
「オレに続け~」
f0065586_13413187.jpg

13時稜線に到着
上空にはジェット雲が
f0065586_1403422.jpg

ここからは緩~い下り岩塔を探しながら行くも見つからず休憩
まだ雪が岩に雪が残っているので見つけ難い。
14時には下り始めなければならないので諦め気分・
三人で広がりながらもう少し探してみっか。
「あった~!」
大統領岩に辿りつきました。
f0065586_15171668.jpg

上が顔に見えるけど逆光で見づらいか?
f0065586_1519124.jpg

さぁ登ってみるかと張り付いてみるがここまで‥(登頂させてくれ)
f0065586_15205716.jpg

これが行きたかったところ
また来る機会があれば見つけるぞ(5月なら雪もなくなり見つけやすいはず)
f0065586_15243146.jpg

f0065586_15245227.jpg

グレポンはあきらめ下山開始
f0065586_15284365.jpg

山の夕暮れは早い、急ぐよ
f0065586_15301313.jpg

雪山歩き初めてのkanちゃん足をとられながらフラフラ
ここまで来たらもう安心
f0065586_15332638.jpg

15時30分無事下山
あとは風呂でビールの飲み、くつろいでいると携帯から悪魔の囁き
[PR]

by oichangokigen | 2008-02-10 20:21 |